MENU

白髪を染めて見た目年齢マイナス5歳!黒髪美人

白髪って、「老けている」という印象がありますよね。

その他に、ヘアケアを怠っているとか、貧相に見えるとか思われるようです。 こうした「見た目」を気にして白髪染めをする女性が白髪染めを選択しています。
白髪染めは若返りには大変効果的な手段です。白髪染めをしただけで5歳は若く見えるとも言われていますので、見た目の若返りを目指したい方には特におすすめです。 黒髪で若く見せるために気をつけておきたいポイントをお話します。

 

継続することが大切

白髪染めで大切なのが、継続して行うことです。せっかく美しく白髪染めをしても、継続的して行わないとすぐに白髪が目立ってきます。直後は綺麗な染め上がりになっても、徐々に白髪が戻ってきて生え際や分け目に白髪が出てくるとよけいに老けて見えます。白髪染めを継続的に行わないと、見た目の印象もダウンして魅力にも欠けてしまいます。そのため見た目の若返りを常に目指すなら、白髪染めを継続して行っていくことが大切です。

 

自分に似合った色や種類のものを使う

白髪染めにも最近はいろいろな種類があります。例えばカラーにしても、脱色をして色を入れていくものや、髪に直接カラーリングしていくようなものもあります。これらは種類によっては髪にダメージを与えて、白髪を染めで髪を痛めて結局若返るどころか老けた印象になることがあります。傷んだ髪や髪のパサつきは、疲れた印象で元気がなく見え、老けた印象になります。そのため白髪染めの種類は髪に優しいものやトリートメントタイプで髪を痛めないものがおすすめです。カラーの種類もあまり極端に明るいものよりは、落ち着いた色合いやナチュラルな黒髪が若返りには有効です。明るすぎる色はいかにも白髪染めという感じで目立ってしまいます。

 

白髪染め後のヘアケアも大切

老けた印象に見えるのは髪の色だけではありません。髪のツヤやコシ、ボリュームなども若返りには重要です。白髪染めで髪がダメージを受けたら、その後のヘアケアで補修することが必要です。最近は白髪染めやカラーリング用のトリートメントなどもいくつかありますので、これらのヘアケア用品で髪をしっかりとケアしましょう。色もちや発色もよくなるので白髪染めにも良い効果をもたらします。白髪染めで髪にダメージを受けるとそれが薄毛や抜け毛の原因ともなりますので、白髪染めを行いながら薄毛や抜け毛対策も行うようにしましょう。さらに若返効果があります。髪の印象で若く見られるには、自然な黒髪、ボリューム感、ハリやコシのある美しい髪が大切です。そのため、白髪染めプラス薄毛対策や美髪ケアなどを行っていきましょう。

人気の白髪染め比較表

 

利尻

ルプルプ

レフィーネ

ポーラ

配合成分

フコイダン(利尻昆布から抽出)
サスティ独自の特殊水
天然由来植物エキス28種
ダメージ補修成分
保護成分

フコイダン(ガゴメ昆布から抽出)
海洋深層水
植物由来の天然染料
美容成分94%
エッセンシャルオイル

ドイツファンゴ(ドイツ産の泥)
ノルデナウの水
16種類の頭皮・毛髪ケア成分
コラーゲンなどの補修成分
10種類の天然アロマ

セラミド5種・アミノ酸が14種・トチャカエキスの3系統(補修成分)
黒米エキス(美容成分)

 

補修力

 

 

 

 

ノンジアミン

染め時間

10分〜20分

10分〜20分

15~30(乾いた髪)、10~15分(濡れた髪)

5分~10分

色もち

コスト

初回2160円+送料540円

1980円(送料無料)

2894円(送料無料)

3132円(送料無料)

人気・おすすめ度

 

おすすめの白髪染め比較〜配合成分・補修力〜

おすすめの4つの白髪染めを、配合成分や補修力の点から、比較しながらお話していきたいと思います。白髪染めを使うにあたっては、配合成分や補修力は欠かせない要素でもありますので、また実際に利用した人の御意見を参考にお話していこうと思います。

 

まず最初は利尻の白髪染めについてです。当製品は特殊水の働きで傷んだ髪を修復してくれる、イオンカラー・ナノ分子カラー・植物由来の天然色素の3種の染毛料を配合し、徐々に改良を重ねてきているため、髪に色が残りやすくなってきているのだそうです。主原料の利尻昆布から抽出した昆布エキスに含まれるフコイダンと、サスティ独自の特殊水の働きには特筆すべきものがあります。また香料等の添加物は一切無添加であり、マニキュア剤で髪のコーティングをするのが主な働きですので、補修力に関しては決して高いとは言い切れませんが、トリートメントタイプでもありますので、内側からの補修をする働きは持っています。

 

次はルプルプの白髪染めについてです。ルプルプの白髪染めもトリートメントタイプのものであり、色の入り具合・色落ち度・補修力・コスパの、いずれの点をとってもトップクラスであると言われています。ガゴメ昆布からとれる特殊なフコイダンが主成分ですので、地肌を傷めずに白髪が染められますし、髪の補修力も大変高くなっています。フコイダンは少しづつタイプの違うものが3種も配合されていますので、地肌の修復力も高いとのことです。脱色剤を配合している白髪染めと違い、健康な髪が生えるような土台作りもしてくれますので、1つで何役もしてくれる大変重宝な白髪染めであると言えます。

 

次はレフィーネの白髪染めについてです。この白髪染めはレフィーネ独自のヘッドスパタイプのトリートメントであり、白髪を染めながら地肌のマッサージも出来る、とても珍しいタイプの白髪染めで、白髪染め・地肌クレンジング・頭皮の血行促進の3役をしてくれる白髪染めです。髪や地肌を傷めずに、健康な髪作りの環境を整えてくれます。配合成分としては、汚れを吸着するドイツ産の泥を始めとした、エステサロンのヘッドスパでも使うような天然由来の成分を多数配合しており、刺激の強い成分は一切含まれていません。レフィーネは白髪染めメーカーの老舗であるだけに髪の補修力も大変高く、髪にツヤを取り戻してくれるだけでなく、頭皮クレンジングにより薄毛・抜け毛も予防することが出来ます。

 

最後はポーラの白髪染めについてです。ポーラの白髪染めはグローイングショットの白髪用トリートメントで、白髪に色を入れる本来の働きだけでなく、頭皮や髪の傷んだ部分の補修を同時にやってくれますので、ツヤやハリも取り戻すことが出来ます。また補修成分としてはセラミド5種・アミノ酸が14種・トチャカエキスの3系統が配合され、髪を内側からふっくらさせてくれます。また頭皮環境を整えるオリジナルの美容成分として黒米エキスも配合し、水分が抜けて傷んだ髪でもツヤが出てきて、根元がふっくら立ち上がるようになるそうです。地肌の保湿や栄養補給の働きもありますので、まさに万能選手のような白髪染めと言えると思います。

 

おすすめの白髪染め比較〜染め時間・色持ち〜

次に、それぞれのお勧めの白髪染めについて、主に染め上がるまでの染め時間や、どの位色持ちするのかについて、順番にお話していきたいと思います。実際に全て利用された人の御意見を参考に、お話していきます。

 

まず最初は利尻の白髪染めについてです。利尻の白髪染めは髪をコーティングするマニキュア剤ですので、その点でも色は入りやすいのですが、十分に染めたい人のお勧め時間として、染めてからの待ち時間は、シャンプー後に塗布して20分位かと思われます。日常的に利用したい人であれば、10分くらいでも大丈夫だと思います。但しこの時には、待ち時間の間にシャワーキャップを被って髪を温めておきますと、より効果的に染めることが出来るそうです。現在の製品にはナノ分子カラーも配合していますので、内部にも色が入りやすくなり、色持ちも格段にアップしているとのことです。

 

次はルプルプの白髪染めについてです。ルプルプの白髪染めは、ガゴメ昆布からとれる特殊なフコイダンを配合している唯一の製品で、地肌を傷付けずに染めることが出来ます。染めてからの待ち時間については10分程度で十分色は染まりますが、より深い色合いにしたい場合は、シャンプー前に塗布して20分程度温めながら、放置しておくと良いと思います。白髪により色が入りやすくなり、次回のシャンプー時には、あまり色落ちしなくはなりますが、すすぎ湯に色がついたり、染めた翌日に大汗をかいたりしますと多少は色落ちするそうですが、されでも他社の製品と比較すれば、色持ちをする方だとのことです。

 

次はレフィーネの白髪染めについてです。レフィーネは白髪染めメーカーの老舗ですが、ここで御紹介するのはヘッドスパタイプのトリートメントで、地肌に刺激を与えずに優しく染めることが出来ます。乾いた髪を染めるなら15分?30分、シャンプー後に染めるのであれば、10分〜15分の待ち時間で染まるとのことで、この種の白髪染めとしては長めの標準時間と言えます。ヘッドスパ効果もありますので頭皮マッサージをしても良いのですが、その場合は3分程かかります。色持ちについては標準的で可もなく不可もなしといったところで、他社の製品とあまり変わらないようです。また普通にシャンプーだけを続けていると、色あせてしまう場合がありますので、白髪染め専用のシャンプーやコンディショナー等を使うようにしてください。

 

最後はポーラの白髪染めについてです。化粧品メーカーの老舗のポーラから発売されているのは、エイジングケアシリーズのグローイングショットの白髪トリートメントです。日常的な使用ならば、染まるまでに5分の待ち時間を見れば十分ですが、更に10分ほど置けば、特に髪を暖めなくても色がしっかり入るとのことです。但し白髪の量や範囲によって、この時間はかわりますので、多少の試行錯誤の期間があるかもしれません。当製品は髪内部に浸透する分子の細かい染料と、表面に吸着する大きめ大きめの成分の染料を使い、色が入りやすいようになっています。1度染まった色は抜けにくくなり、翌日の洗髪でも落ちない位色持ちは良いと言われています。

 

おすすめの白髪染めの比較〜コスト・人気・おすすめ度〜

次にコスト・人気・おすすめ度の点から、比較していきたいと思います。何故人気があり勧められるのか、その理由についてお話していく形をとりたいと思います。

 

まず最初は利尻の白髪染めについてです。利尻の白髪染めは通常税込3240円のところ、初回限定で2160円+送料540円で購入することが出来ます。2本セットなら税込送料無料で4320円、3本セットなら同じく税込送料無料で6480円と、大変お買い得になっています。利尻のヘアカラートリートメントは天然利尻昆布を主原料とする、頭皮や髪を傷めないことで人気の高い白髪染めです。染め上がりも約10分と早く、染料も植物性のクチナシ・アナトー・ウコン・シコンのみを使い、昆布エキスの他、天然由来28種の成分の中には、保水フコイダンや保湿アレルギン酸等の潤い成分も含まれていますので、頭皮や髪を乾燥から守る効果も高く、まさに至れり尽くせりです。無添加ですので、誰でも毎日安心して使えることからも、おすすめ度の高い白髪染めと言えます。

 

次はルプルプの白髪染めです。この白髪染めは初回お試し送料無料で、通常3240円のところを、税込1980円で購入することが出来ます。現在2本定期便キャンペーンを行っており、初回は1本無料の税込620円で購入出来ます。ルプルプの白髪染めは頭皮に優しいガゴメ昆布の成分を配合したもので、沖縄県久米島産の海洋深層水も配合し、自然の恵みを活かした成分構成で人気の高い製品です。染料も紅花・クチナシ・藍という植物由来のものだけを使っていますので、アレルギーや敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。特にガゴメ昆布に含まれているフコイダンが頭皮や髪も補修してくれますので、良いことづくめでおすすめ度も高い白髪染めです。この度泡タイプも発売され、更に使いやすさがアップしています。

 

次はレフィーネのヘッドスパトリートメントです。当製品は期間限定で定期コース愛顧キャンペーンを行っており、クーポン適用の他送料・手数料無料税込2894円で購入することが出来ます。またスターターセットとしてポンプスタンド付のものを、送料600円で税込3600円で購入可能です。ポンプスタンドは別売りで、税抜送料別191円でも購入出来ます。当製品は名前の通り、ヘッドスパを兼ねることも出来る白髪染めで、他に例のない独自性で人気があります。色の種類も豊富であり、ス―ッとして気持ちのいいことでも定評があり、自宅で染めながらヘッドスパ体験の出来る唯一の白髪染めです。スカルプケア成分も配合しているため、頭皮環境も整えてくれます。地肌に優しい成分だけが配合されており、白髪やダメージヘアを本来の美しい髪色にしてくれます。この度新たに、パンテノール・ゴマ油・酵母・ホップ・大豆エキスの成分も配合されました。

 

最後はポーラのグローイングショットです。当製品は化粧品メーカーのポーラから発売された白髪染めのトリートメントですが、全品送料無料で購入することが可能で、2色各200g入が税込3132円となっています。また5400円以上の購入で、青汁・スムージーのプレゼントもあり、今大変お買い得な製品と言えます。この白髪染めは白髪を染めると同時に、髪のダメージの補修もしてくれるという1本2役の働きをしてくれることから人気の高い製品です。使っていく度に深い色とハリとツヤのある美しい髪になっていきますし、お風呂でも使えて5分で仕上がる手軽さも、この白髪染めをお勧め出来る理由となっています。健康な頭皮環境に整えてくれる上に、浸透型・吸着型の2種のピグメント(カラー成分)も配合しています。

おすすめ白髪染めランキング

 

利尻ヘアカラートリートメントの特徴

  • 白髪用ヘアカラートリートメントブランドシェアで全国1位(2015年)
  • 白髪用ヘアマニキュアブランドシェアで全国1位(2011年〜2014年)
  • 天然利尻昆布を使用
  • 無添加にこだわり髪・頭皮に優しい
  • ジアミン、タール系色素、パラベン、酸化剤、シリコン、香料、鉱物油不使用
  • 4つのイオンカラーとナノ分子カラー
  • ウコン、クチナシなど植物由来天然色素
  • 天然由来植物エキス、28種を配合
  • ダメージ補修成分、保護成分配合

カラーはライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックの4種類。 初めての方限定で、通常価格から1,000円オフの2,000円!(送料540円がかかります)
さらにお得なのは2本以上のまとめ買いです。 初回の送料は無料となり、限定特典の簡単キレイに塗れるクイックコームがついてきます。

価格 2,000円
評価 評価5
備考 初めての人限定(送料540円)
 
 

ヘアカラートリートメントLPLPの特徴

  • 楽天市場の総合ランキング1位
  • メディアで注目を浴びている希少品種「ガゴメ昆布」から抽出したフコイダンを使用
  • ルプルプ独自にフコイダンを高分子化、低分子化し組み合わせた「ルプルプ Wフコイダン」に「海洋深層水」をプラスした海由来の美髪成分
  • 美容成分が94%配合
  • 植物由来の天然染料を使用
  • 無添加処方
  • タール色素系、ジアミン系酸化染毛剤不使用
  • 全額返金保証
  • 社員全員が毛髪診断士
ボトルも安心の日本製で、長期保存に優れたフレッシュ製法です。低アルコールなので素手で白髪染めもできます。 天然染料なのでお風呂場も洗面台も汚れがついてもツルンとすぐに汚れが落とせますし、手に着いた染料も石鹸で洗えばすぐに落とすことができます。 カラーは4種類(ダークブラウン、ブラウン、モカブラウン、ソフトブラック)からえらべます。初回はお試しキャンペーンとして1,980円!2本ならもっとお得で初回1回分が無料で、1本あたり1,620円!(これは定期コースになります)

価格 1,980円
評価 評価4.5
備考 初回お試しキャンペーン(全額返金保証・送料無料)
 
 

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラーの特徴

  • 楽天市場ではいつも上位にランクされる大人気の白髪染め
  • モンドセレクションも7年連続受賞
  • 90%以上が染まりの実力を実感
  • 頭皮をケアし、髪を補修する成分を配合
  • 天然アロマの優しいフルーティーな香
  • 全額返金保証
濡れた髪でも乾いた髪でも使えます。 カラーはダークブラウン、ライトブラウン、マロンブラウン、ローズブラウン、ナチュラルブラックと5種類から選ぶことができます。 定期コースを選択すれば、今なら通常価格が3,394円の所、期間限定で500円オフとなり2,894円。 送料も無料です。

価格 2,894円
評価 評価4
備考 定期クーポン適用価格、送料無料
 
 

ポーラグローイングカラートリートメントの特徴


  • 1500万件を超える肌データをもとに研究され、培われた成分を配合

  • 40代以降の女性の髪の悩みに対応

  • ヘアカラーとトリートメントの1品2役

  • お風呂で簡単、1回5分

  • いつものコンディショナーと置き換えるだけ

  • ノンジアミン系

  • スパイスフローラルの香り


カラーはブラックとブラウンの2種類。 コンディショナーの代わりに使うだけ!の簡単白髪ケア。 1本3,132円(送料無料)で手を保護する手袋もついてきます。

価格 3,132円
評価 評価3.5
備考 送料無料
 

おすすめ白髪染めシャンプーランキング

 

利尻白髪染めシャンプー・コンディショナーの特徴


  • 無添加で頭皮・髪に安心

  • ジアミン、タール系色素、パラベン、酸化剤、シリコン、香料、鉱物油不使用

  • いつものシャンプーを変えるだけ!毎日使える

  • 髪を健やかに保つ天然利尻昆布エキス

  • フコイダンでパサついた髪がしっかりまとまる

  • 27種類の植物成分配合で髪が潤う


初回限定キャンペーン中で、通常価格から1000円オフの2,500円!(送料540円)
ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックのカラーから選べます。
2本以上をまとめ買いすると、送料無料でさらに限定プレゼントもついてくるので、シャンプーだけでなく、コンディショナーもセットで購入すると良いかもしれませんね。

価格 2,500円
評価 評価5
備考 初回限定(送料540円)
 
 

haru黒髪スカルプ・プロの特徴


  • 100%天然由来のノンシリコンシャンプー

  • アミノ酸系洗浄成分配合

  • 発毛育毛促進成分配合

  • 1本で白髪・抜け毛・薄毛をケア

  • リンス・コンディショナーがいらない

  • 30日間全額返金保証


なんとこれ1本で白髪も薄毛も抜け毛もケア。 満足度が93%と、人気急上昇中のシャンプーです。
初回限定で、たっぷり2か月分が3,600円!送料無料で、30日間の全額返金保証もついています。

価格 3,600円
評価 評価4
備考 送料無料・30日間全額返金保証
 
 

ポーラグローイングショットシャンプー・コンディショナーの特徴


  • 40代以降の女性の悩み、「白髪」、「髪やせ」、「ハリ・コシ・ボリューム減」に着目

  • これまで培った研究で開発したポーラオリジナル成分を配合

  • 髪のダメージを補修し、頭皮環境を整える

  • ハリ・コシのある、しなやかな美髪を育てる

  • 美容成分配合


「VoCE Best Cosme」ヘアケアスタイリング剤で3位、「MAQUIA」2016年下半期のシャンプーコンディショナー部門賞を獲得するなど、メディアでも話題です。 シャンプー・コンディショナー共に1本3,132円。 送料は無料です。

価格 3,132円
評価 評価3
備考 送料無料
 

自分の髪色に合った白髪染めの選び方

白髪染めの選び方には幾つかポイントがありますが、自分の髪色に合っているかどうかも大切なポイントと言えます。そこでここでは、自分の髪色に合った白髪染めの選び科について、お話していきたいと思います。

 

白髪染めのカラーには黒以外にも黒に近い茶色や明るい茶色やオレンジ色等、色々なカラーのものがありますが、白髪を目立たなくさせるだけでなく、見た目にもオシャレに染めたいという利用者のニーズに合わせたラインナップになっています。色々なカラーがあって迷って決められない場合は、自分の好みの色を選んでも差し支えありませんが、例え自分の好きなカラーでも、自分の髪色に合っていなければ、白髪染めをしているとわかってしまいますので、オシャレに見せることが難しくなってしまいます。白髪染めで染める時に自然な染めあがりに見せるには、自分の髪色に合っていることが最も大切であり、出来るだけ自分の髪色に近いか、髪色にマッチしたカラーを選ぶ必要があるのです。
例えば地毛が茶色がかっている人が黒色で染めても不自然に見えてしまうので、茶系統のカラーで染めた方がいいということです。

 

ですから、まず最初に自身の髪色を把握して、それに合ったカラーの白髪染めを選ぶ必要があるわけですが、髪質や白髪の量によっては、メーカーが表示している自分の髪色に近いものや合ったものを選んだとしても、仕上がりが変わってしまうという場合もあります。それは髪の毛が細くて柔らかい人は薬剤の着色率が高く、逆に硬くて太い人は染まりにくいという傾向があるからです。従って明るめのカラーのものを選びたいという場合、髪が細く柔らかい人は見たままのカラーを選べばいいのですが、髪が硬くて太い人の場合は、表示色よりも明るめのカラーを選ぶか、染めてからの放置時間を表示よりも若干長めにしてみると良いと思います。とは言うものの、あまり時間を起きすぎても髪色が明るくなりすぎてしまいますから、長くても5分で良いでしょう。

 

また白髪の多い人は仕上がりが明るめになり、逆に少ない人は暗めの仕上がりになりますので、白髪の多い人は見たままのカラーかワントーン暗めのカラーを選び、白髪の少ない人は希望するカラーよりも明るめのカラーを選ぶと良いと思います。今は沢山の白髪染めが発売されていますので、なるべく無添加植物由来の、刺激の少ない頭皮や髪に優しい成分で構成された白髪染めを選ぶようにしましょう。

 

白髪染めの種類

ある程度の年齢になりますと誰でも白髪が増えてきますので、白髪染めを使おうかと考える人もいるかと思いますが、色々なタイプのものがありますから、それにしたら良いか迷ってしまうかもしれません。そこでここでは、幾つかある白髪染めの種類について、お話していきたいと思います。白髪染めには、染色剤と脱色剤を含む所謂2剤式の一般的なヘアカラー、脱色剤を含まないヘアマニキュア等の染色剤、トリートメント成分で構成されたヘアカラー、塗るだけの白髪隠しタイプのものの4種類がありますので、これらのものについて、順番に御紹介していこうと思います。

 

まず最初は、2剤式のヘアカラーについてです。この白髪染めは黒髪も白髪も均等に染めることが出来、1〜2ヶ月に1回染めれば良く、20分程度の放置で染め上がりますが、地肌や髪には大きなダメージを与える可能性があります。次に脱色剤を含まないヘアマニキュア等の染色剤は、黒髪は染まらずに白髪だけが染まり、2〜3週間に1回染める必要があり、放置時間は10分程度で構いませんが、やはり髪には多少ダメージを与える可能性があります。次にトリートメント成分によるヘアカラーですが、これも黒髪は染まらず白髪だけが染まり、3〜4日に1回は染める必要があり放置時間は5〜10分程度でよく、頭皮や髪へのダメージが非常に少ないと言われています。最後に塗るだけの白髪隠しタイプのものですが、これも名前の通り白髪だけが染まり、1〜2日に1回は染める必要があり放置時間が5分程度でよく、ダメージは非常に少ないとされています。

 

2剤式のヘアカラーは見た目はキレイに染まりますが、脱色剤で健康的な黒髪も脱色して白髪にした上で染めますので、均一に染めることは可能なのですが、一旦染めるのを止めると白髪が増えたままの状態でいることになるため、ずっと染め続けている必要があることで、頭皮や髪にトラブルが起きやすくなるというデメリットがあります。一方脱色剤を含まないヘアマニキュア等やトリートメントによるヘアカラーは、白髪だけを染めるものですので、染める頻度こそ多くなるものの、一般的なヘアカラーより染毛力は落ちますが、ダメージを受ける可能性は格段に低くなります。ちなみに脱色剤を含まないタイプの白髪染めには、基本的にライトブラウンのものは存在しないとのことです。

 

現在発売されている脱色剤を含まない染毛剤の成分の多くは天然由来ですので、美髪成分を豊富に含む無添加のものにすれば、白髪だけが染まる上にダメージも少ないですから、白髪染めとしては1番お勧め出来るものだと思います。

 

更新履歴